生命保険の保険料の仕組み

PAGE
生命保険の保険料の仕組み

生命保険料、家計には痛いけど・・・

毎月家計から引かれる「生命保険料」。我が家は夫の収入で2人分支払っている状況ですが、やはり毎月の保険料の支払いは家計にとっても負担になっている状況です。ですが、今解約して急に自分に何かあって保険が必要になったら・・・と考えてしまうと結局ずるずる今までの生命保険を続けてしまう訳で・・・。何か悪循環!一応安めの「掛け捨てタイプ」の生命保険にも加入していますが、それは毎年微々たるものですが剰余金が還元されます。それだけでも少し助かるのですが、意外と高額な保険料を支払っている方がそういう剰余金等の還元が無く、やきもきさせられています。まあ私が加入している生命保険会社で、保険を使っている人が多く、還元できないというのも少しはわかるんですけどね。
我が家は比較的健康な家族です。実際の所、結婚するまで生命保険というものに全く必要性を感じておらず、自由に毎月の収入を使っていた訳です。でも結婚にあたり、何か有っても配偶者に何も残せないのは・・・と思って加入しました。その当時、友人で生命保険会社に勤めていた子がおり、その子から勧められて、必要性+@友達の為に加入したという事も有るのですが、結局その友達も会社を辞めてしまい、今では全く知らない担当者がただ淡々と「新しい商品出たんですけどー」なんていうセールス的な電話だけたまに掛けてきて、正直全く信頼できないんですよね。
さて、話は戻って、友人から勧められた生命保険に加入する時の事。まだ若かかった事も有り、掛金の割にはいろんな保障内容や特約もつけてくれ、備えあれば憂いなし!そう思って加入はしていますが、実際何も使わないし、あと2年で更新で保険料がぐんと上がってしまいます。また私の加入している生命保険は10年間無事故無病だと10万円ボーナスで戻ってくるタイプですが、正直年間で10万円以上支払っています。んー、思い切って保険の見直し、した方がいいのかな?10年間無事故無病の際、払った保険料全額とまでは言わないけど、80%位は返還してくれる生命保険、どこかで発売してくれないかな?そういう商品が有れば、毎月家計が苦しくても我慢して支払うのになー。この不況のご時勢、生命保険会社でももう少し加入者の為になる保険商品を考えて欲しい、それが私達家計を守る者の切なる願いです。

関連リンク

Copyright (C)2017生命保険の保険料の仕組み.All rights reserved.