生命保険の保険料の仕組み

PAGE
生命保険の保険料の仕組み

生命保険と、保険料に対して得られるサービスについて考える

私は今年で28歳になりますが、妻と1歳になる息子の3人家族で暮らしています。子供が出来たときもそうでしたが、結婚した当初、結婚に伴う色々な準備に追われる中で、両親に保険について質問されたことがありました。独身当時は保険といえば、自動車保険ぐらいしか知識も関わりもないので、なかなかピンとこなかったのを覚えています。生命保険とは何であるか、また払う保険料に対してどのようなサービスがあり、どんなときに助けてもらえるか、など具体的なイメージが何もなかったのです。これでは当然保険に入るという意識が芽生えるわけもなく、両親に質問されるまでは検討対象にすらなりませんでした。
しかし、よくよく考えてみると、家族を持つ者として、一家の主として保険に入るのは至極当然のことなのです。なぜかというと、家族を養う責任として、どんな事態が起こっても家族を守らなければいけないと考えるからです。自分の力ではどうにもならない、緊急事態が起こったときにでも、家族を守れる力を与えてくれるのが保険だということに気付きました。当たり前の話ですが人生何があるかわかりません。何があるかわからないということを言い訳にするわけにもないかないので、そんなときのために準備をしておく必要があります。何かあってからでは遅いし、そのときに頼れる親族や友人がいなければ、切羽詰まってしまいます。子供の笑顔を守りたい、自分を大切にしてくれている妻を守りたい、そんな思いを抱いているお父さんはたくさんいるはずで、その想いに応えてくれるのが保険だと思い、結婚当初に加入したのをしっかり覚えています。

Copyright (C)2017生命保険の保険料の仕組み.All rights reserved.