生命保険の保険料の仕組み

PAGE
生命保険の保険料の仕組み

無理の無い保険料と自分に合ってる生命保険。

家の次に高い買い物といわれる保険。生きていくうえでの安心を買う=保険なのかなと思います。ですが、保証を手厚くすればするほど、それにともなって料金も上がっていきますよね。でも未来のことなんて分からない!保険料で生活を圧迫して、日々の生活が窮屈になってしまうのなら、それはあまりよくないことだと思います。大体の方が、子育てで大変な時期に大黒柱が亡くなってしまった時などを想定して、収入がある予定だった60歳までの定期型の生命保険に入る方が多いと思います。しかし、最近は医療の発達によって、病気になっても大怪我をしても死ぬことは少なくなり、60歳以上まで生きる方がほとんどだそうです。それならその分をがん保険や医療保険にまわしたほうが得策ですよね。
さらにがん保険や医療保険も若いうちに入っておけば安い!といわれ、入る人も多いと思いますが若いうちに入ればその分長く払い続けているわけですから、40代くらいで入るのと大差ないのでは?と思います。40代くらいになれば、たぶん収入も20代の時よりも上がっていると思いますし、生活をそこまで圧迫しないと思います。たとえばがん保険だったら、よく”がん家系”とか言いますよね。何歳くらいで親族でがんが発症したのか、大体何歳くらいで加入すればいいのかなどの目安は調べやすいのではなのでしょうか?まあ、がんは家系じゃない!とも言いますけどね。保険を考えるたびに、未来が見えたらいいのにと思ってしまいますね。

関連リンク

Copyright (C)2017生命保険の保険料の仕組み.All rights reserved.